デメリット

転職を行うことで、待遇面が良くなったり、人間関係が良くなったりと良いことがありますよね。今まで、悩んだけれど転職して良かったと思う転職をしたいもの。
しかし、転職を行う前に、転職にはデメリットもあることを理解しておきましょう。まずは、退職金について。転職を行うことで、退職金の額が減ってしまう可能性があります。当然ではありますが、退職金は勤務年数が長くなれば長くなるほど、額は上がることになります。そのため、お給料に関してはそれほど差がないところへ転職した場合には、退職の際にはそのまま勤務を続けているよりも退職金が減ってしまう為、トータル的に考えるとマイナスになってしまいます。スキルアップを考えて、数年ごとに転職を行っているという方もいらっしゃるかもしれませんね。そんな方は、同じ職場での勤続年数は短くなってしまいますから、退職金は低くなってしまいます。転職の際には、退職金のことまで考えない方が多いと思いますが、退職金についても頭に入れておきましょう。また、人間関係で転職したいと考えている方も多いと思います。しかし、人間関係はどこに行っても何らかのストレスはあるもの。面倒だからと、新しい職場で人間関係を疎かにしてしまうと、同じ状態になってしまうこともあります。更に、転職のデメリットとしては、職場になれるまでは気づかないうちに新しい環境によってストレスを抱えることもあります。
転職を行う際には、こういったデメリットがあることを理解しておきましょう。