総合病院からクリニックへ

総合病院で勤務しているという方の中には、夜勤などがキツク感じている方もいらっしゃると思います。
そんな方の中には、クリニックへの転職を考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。クリニックへの転職を行っている方の多くは、やはり夜勤がないこと、そして常勤になれるためという理由が多くなります。しかし、総合病院からクリニックへ転職した方の中には、その転職に対して後悔している方もいらっしゃいます。それは、総合病院とクリニックでは、お仕事の幅がかなり異なるため。総合病院の場合には、看護師もたくさんいますから、ある程度担当制になっていることが多いと思います。そのため、たくさんの患者さんを対応しても、担当となっている仕事内容だけをこなしていれば良かったという方が多いと思います。しかし、クリニックの場合にはそうはいきません。看護師の数も少なくなりますから、様々な業務を行う必要があります。クリニックによっては、看護業務だけではなく雑用なども行うところもあります。そのため、総合病院から転職した方にとっては、このギャップに戸惑う方が多い様。更に、総合病院と比べるとクリニックの方が収入は低くなってしまいます。ある程度、収入が減ることは分かっていたけれど、この仕事内容を考えると合わない…なんて感じる方もいらっしゃいます。
そのため、総合病院からクリニックへの転職を考えている方は、お仕事内容などをしっかりと確認することが大切となります。

総合病院からクリニックへ関連ページ

タイミング
転職理由
転職先選び
デメリット
ハローワーク